莫大な費用

ラーメン屋を開業する際に必要になる費用の最低ラインは

ラーメン店を開業する際に誰もが気になる初期費用ですが、これは大まかに2パターン考えておく必要があります。 まずひとつは全くのスケルトン状態(建物の中がまっさらな状態)で始めること。もうひとつは居抜き物件で始めること。この2点です。 お金が掛かるのはもちろんスケルトン物件ですね、内装工事や店舗設備(厨房機器やテーブル、イスなど)を一から揃える必要があります。それにプラスしてお店の契約金、のれんや看板、食器類、開業の宣伝広告費などを掛ける必要がありますので金額としては大体ですが1,000万円が最低ラインだと言われています。 居抜き物件の場合、契約金などの共通で掛かりそうなお金以外の内装工事費や店舗設備費がかなり削れます。壁紙や照明を変えるだけ、厨房機器やテーブル類はそのまま使ったりと節約できるところがたくさんあります。金額はどれほど節約できるかにもよりますが700万円辺りまで節約できればかなりお得に開業できたと言えそうです。 借りる物件は元々ラーメン屋だった、などのラッキーに当たれば節約するのが楽になりますね。

オープン後に必要なお金も合わせて用意すべきです

ラーメン屋を開業するに当たって、必要経費としてイメージしやすいのは前段でお話した開店費用です。しかし、大事なのはオープン後に掛かる経費です。従業員の給料や仕入れ、光熱費、家賃などなど開業した後は毎日のようにお金が発生します。ぎりぎりで開業してしまうとこれらの金額を初月からしっかり稼ぐのが必須となり、かなりのプレッシャーになってしまいます。資金のショートを防ぐためにも初期費用としてオープン後の3〜6ヶ月分は確保しておきたいところです。 店舗に掛かる最低限の経費が50万ならば150〜300万が用意しておくべきお金となります。 ラーメン屋は他の飲食店に比べて安く開業でき、粗利率も高い商売と言われています。人気店になればあっという間に初期費用は回収できますしのれん分けやフランチャイズ展開など夢も広がりますね。それだけにしっかりと足元を見つめての経営が大事なポイントになるのです。伸びきった経営ではなくコシのあるしっかりとした経営を目指しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加